「ロゥド・オブ・デュラハン」

■感想メモ。
「ロゥド・オブ・デュラハン」(紫藤ケイ・このライトノベルがすごい!文庫)
ロゥド・オブ・デュラハン (このライトノベルがすごい! 文庫)
 領姫の不可解な死の真相を追う傭兵アルフォンスは、死体を操る死術師と対峙し窮地に陥ったところを、白銀の髪の女に救われる。彼女の者の名はリィゼロット。永き時を生き、死の運命を弄ぶ者たちを狩る、精霊デュラハンの一人。漆黒の鎧を身に纏い、純白の大剣を振るいながら、彼女は不自然に歪められた命を狩りつづける。茫洋としたまなざしに、深い悲しみをたたえながら――。

 第3回このライトノベルがすごい!大賞・大賞受賞作。
 血みどろで人死にも多く殺伐としているものの、文章のおかげか割とさらっと読めました。1冊で綺麗にまとまっているのは好感が持てますが、その分、ストーリーを駆け足かつコンパクトにまとめてしまった感も。特に、因縁の相手の退場は、ここまで引っ張ってきてそんなにあっさり?とちょっと肩すかし。
 しかしながら、空気気味だったアルフォンスが盛り返す終盤からラストにかけての展開は希望のあるもので、読後感は良好でした。これでもうちょっと、濃い目に掘り下げがあればもっと良かったのですが。

肷

「絵画の住人」

■感想メモ。
「絵画の住人」(秋目人・メディアワークス文庫)
絵画の住人 (メディアワークス文庫)
 国分寺駅から徒歩数分のところに、隠れ家のような画廊がある。名画の複製ばかりが飾られている、その小さな画廊には、ある特別な秘密が隠されているらしく―。高校を中退し、バイトで食いつなぐ諌早佑真は、ある日、美しい少女に導かれ、AOKI画廊へと足を踏み入れる。絵画には興味のない彼だったが、画廊のオーナーから頼まれ、雇われ画廊主を務めることに。しかし、働きはじめた佑真は、すぐあることに気づく。―この画廊の絵、生きているんじゃないか…。

 絵画の中から現れる物や人物たち。彼ら彼女らに主人公が振り回される様はどこか微笑ましいです。次はどんな絵から何が飛び出すのか?そういった楽しみもあります。
 題材となった絵は有名なものが多く、その説明も知っているものあり知らないものあり……ですが、説明の仕方が少々こなれてないなぁと感じる部分も。二章から四章の末には登場した絵画が掲載されていますが、モノクロなので分かり辛いのが惜しい。
 主人公が画廊を訪れ、画廊主となるまでの1週間の物語。続編をにおわすラストになっているので、続きが読めると良いなぁと思いつつ。

肷

「キノの旅XVI -the Beautiful World-」

■感想メモ。
「キノの旅XVI -the Beautiful World-」(時雨沢恵一・電撃文庫)
キノの旅 XVI the Beautiful World (電撃文庫)
 「旅人さんですね? あの国に行こうとしているんですね? でも、不可能です。──絶対に入国なんてできませんよ!」
 城壁の前でキノとエルメスが聞いたのは、そんな叫びだった。
 キノとエルメスは、トラックの間を通り抜けて、一つのテントに案内された。そこは作戦司令室になっていた。大きな机が置かれ、国の地図が置かれ、男達がいた。制服から、軍隊の指揮官や、警察の隊長に見える。鍛え上げられた逞しい男達だが、その顔は一様に晴れない。「えっと、葬式現場?」エルメスが、開口一番そんなことを言って、「それよりもっと悪い」一人の男が、静かに言い返した。(「死人達の国」より)など全10話収録。『キノの旅』1年ぶりの新刊。『フォトの日々も』収録。

 シリーズ第16弾。
 フォトの物語もレギュラー化したのでしょうか。色んなキャラたちのお話が読めるのは楽しいですが、キノとエルメスの出番が減ればそれはそれで淋しいものがあったりもします。
 今回のお気に入りは「恋文の国」。少しのボタンの掛け違え。もし彼や彼女が告白する勇気さえあれば、また違った未来=現在になっていたのかも。そう思わずにはいられません。他ではフォトの日々「残されたもの」が切なくぐっとくる、でもあたたかなものが残るお話で良かったです。

肷

「妖精姫の花嫁修業」

■感想メモ。
「妖精姫の花嫁修業」(月本ナシオ・一迅社文庫アイリス)
妖精姫の花嫁修業 (一迅社文庫アイリス)
 幼い頃から妖精と共に暮らし、虹の谷に祝福された王女・フィリアナ。ある日彼女は「新しい家族が出来る」と言われ、人間界に帰ることに。そこで出会ったのは、美しい青年伯爵・ライルだった。だが、冷ややかな眼差しと共に「貴女には王子の花嫁になってもらう」と宣言されたフィリアナは、ライルの厳しい花嫁修業を受けることになってしまい―?淑女への道はいばら道!?元気いっぱい妖精姫と偏屈伯爵の花嫁修業ラブファンタジー。

 フィリアナとライル、試行錯誤しながらもふたりの距離が徐々に近づいていくさまは見ていて楽しかったです。特にライルの不器用さはいいですね。
 しかし全体的に駆け足と言うか描写不足な感があり……。例えば、フィリアナが序盤老人口調から普通の女性口調に変化してたのがちょっと唐突に感じられたりだとか、陰謀や王子様についてはあっさりしすぎだったりとか。王子はふたりについてきちんとした判断を下したのに、その少しあとの場面では未練を見せたり、中途半端に優柔不断ですっきりしないなぁと。

肷