くせになる

■最近のお買いもの。
・塊魂サウンドトラック 「塊フォルテッシモ魂」
・ゼロサム9月号
・夏目友人帳10(緑川ゆき・花とゆめコミックス)
・キューティクル探偵因幡6(もち・GファンタジーKC)
・Arcana16 童話/おとぎ話(一迅社)
・影執事マルクの手違い1(COMTA・あすかコミックス)
・翼の帰る処3(上)歌われぬ約束(妹尾ゆふ子・幻狼ファンタジアノベルス)
・ぼくのうた(十文字青・幻狼ファンタジアノベルス)
・テイルズ オブ ヴェスペリア 虚空の仮面 下 (奥田孝明・ファミ通文庫)

 我慢しきれず塊魂のサントラ買っちゃいました。BGM聞くだけで塊転がしたくなってしまいます。癖になりますね!

塊魂サウンドトラック 「塊フォルテッシモ魂」Comic ZERO-SUM (コミック ゼロサム) 2010年 09月号 [雑誌]キューティクル探偵因幡 6 (Gファンタジーコミックス)Arcana 16 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)影執事マルクの手違い 第1巻 (あすかコミックスDX)翼の帰る処(ところ)〈3(上)〉歌われぬ約束 (幻狼FANTASIA NOVELS S 1-5)テイルズ オブ ヴェスペリア 虚空の仮面 下 (ファミ通文庫)

■スパロボWプレイメモその14(43話まで)。
(さらに…)

肷

「翼の帰る処3(上)歌われぬ約束」

■感想メモ。
「翼の帰る処3(上)歌われぬ約束」(妹尾ゆふ子・幻狼ファンタジアノベルス)
翼の帰る処(ところ)〈3(上)〉歌われぬ約束 (幻狼FANTASIA NOVELS S 1-5)
 望んでもいないのに四大貴族の一角《黒狼公》に出世してしまったヤエトだったが、その隠居願望と病弱さは変わらぬまま。どこで倒れたのか気が付いたら、皇女のいる北嶺国で看病されている始末だった。そんな折、ヤエトは、前の《黒狼公》妃であった皇妹から「復縁」を提案される。激しく動揺するヤエトに追い打ちをかけるように、宿敵・北方蛮族の使節が北嶺国を突然訪れ、相互和平のため人質交換を要求し……。

 シリーズ第三弾の上巻。
 初っ端から寝込んで看病されているヤエトはいつも通りだなぁ……と思ったらそんなのんびりとした話ではありませんでした。帝国内だけでなく北方でも権力争いに巻き込まれる。世界の危機は依然迫っている。隠居したいのにちっともさせてもらえず――と、最後のだけはいつものことですが(笑)。厄介な問題にぶつかっては決断を迫られるヤエト。「知るかボケ」と思ってても口に出せないのが彼らしいというかなんというか。読み手の心配が積もりに積もって行って、ラストで頂点に。読んでいて背筋がひやっとしました。あんなところで引きというのは凶悪です。
 今回のなごみどころはなんといってもシロバの雛たち。重たいけれど布団に乗ってないと気になったり、ひたすらなでなでしてしまうヤエトは十分鳥馬鹿(もしくは兄馬鹿?)の素質ありだと思います。私ももふもふしたい……と思ってしまう愛らしさでした。

肷

どらあわ第6回

■改めまして、どらあわ第6回の話など。
 リアを読むときいつも末尾のマスターコメントから読むのですが、今回は個別のそれを読んで「いったい何が起こった!?」状態に。
 本文を読んでも「何が起こってるの…」状態でした(笑)。
 自分のアクション的には外した部分が多かったものの、他のPCさんたちのアクションの影響が大きかった模様。
 で、本人も良く分からないうちにグリーンオールウェイズの幹部候補として推薦されたり、可愛い女の子(!)にお友達認定されたりしていました。
 (称号『GA幹部候補』と称号『のののとハム友』取得)
 あとは主に今回同行してたNPC八住さんにねちねちなじられたりとか……(笑)。
 特に活躍したわけでもないのに推薦を貰ったのは上層部の思惑あり。と、志雨が古参だと言われたのは、第1回からGA本部で活動してたからかなぁ…?と思ったりしました。
 次回隠し選択肢を選べば、幹部になれちゃうようです。うーん。

■スパロボWプレイメモその13(42話まで)。
(さらに…)

肷

「宝城瑠璃華は止まらない! 」

■感想メモ。
「宝城瑠璃華は止まらない! 」(箕崎准・一迅社文庫)
宝城瑠璃華は止まらない! (一迅社文庫)
 宝城瑠璃華。それは知性、美貌そして財力。持たないものは何もない完全無欠のお嬢様。そんな彼女を幼なじみに持つ水月君人は、高根の花になっていた瑠璃華が突如、平凡極まりない自分と同じ高校へ入学したことを知る。あの瑠璃華がなぜ、この高校に?そんな好奇心は猫をも殺す?!幼なじみの意外な秘密を知った君人は、理由あって瑠璃華と一つ屋根の下で共同生活を送る羽目になるのだが…。

 シリーズ化前提なのか、メインと思しき話(ヒロインの父が行方不明とか叔父との確執とか亡母の首飾りとか)が一切合財投げっぱなし。かといって他が丁寧に描かれているかと言えばそうでもなく……。
 瑠璃華の状況が庶民感覚からかけ離れた世界のようなものなのに、主人公たちの行動のスケールがやけに小さい。もっと無茶苦茶して「首飾りゲットだぜ!」くらいはやってのけるものだとばかり……。山が無いし、すっきりする要素もなく、ヒロイン&メイドはあんなに尽くしてくれている主人公に対して身勝手すぎる。なのに責められて反省するのが主人公の側、というのは理不尽。全体的にどーにもこーにも今一つな作品でした。

肷

「悪い魔法使いはいりませんか?」

■感想メモ。
「悪い魔法使いはいりませんか?」(矢貫こよみ・ルルル文庫)
悪い魔法使いはいりませんか? (小学館ルルル文庫 や 1-1)
 「王子が十八歳になったら呪いをかける!」──悪の魔法使いが、王家に残した予告の年、弟子のスイハはその役目を押しつけられてしまう。師匠の面子のため、使い魔のフクロウと王宮へ向かったスイハだが、王子の居場所はなんとハレムの中! しかも、すでに呪いをかけられていて!? 魔具によって捕らわれたスイハは王子に絶対服従の上、呪いを解く協力をさせられることに。初めは師匠の敵と思っていた王子だけど……?

 第3回ライトノベル大賞奨励賞作品。
 敵として出会った相手に惹かれてしまう、というベタなんですが手堅くまとまった作品、といえます。登場人物がそんなに多くないせいか、犯人はすごく分かりやすかったです。
 一言でいえば「悪の魔法使いの尻拭いを全力でやらされる話」。師匠はそんなに悪人っぽくはないのですが、周囲に悪影響を及ぼすという点ではたしかに「悪の魔法使い」なのかもしれません。この人のおかげでどうにも王子の影が薄く感じられてしまうのが……。立ち位置的にあまり好きなキャラではありませんが、師匠の方をメインに持ってきた方が個性があったのではとちらっと思ったりしました。

肷

「星空から来た犬」

■感想メモ。
「星空から来た犬」(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ・早川書房)
星空から来た犬 (ハリネズミの本箱)
 星々の世界の住人シリウスは、無実の罪で犬に姿を変えられ、地球へ追放となった。星空へもどるには、失われた魔法の道具ゾイを見つけるしかない。飼い主となった孤独な少女キャスリーンと心を通わせるいっぽうで、シリウスは危険な冒険に乗りだしてゆく!ファンタジイの女王ジョーンズの若き日の傑作。

 犬の視点で展開していく物語に惹きつけられました。
 犬の姿に変えられてしまったがために犬としての本能に振り回され、散歩に連れていかれて興奮したり、庭から脱出できてはしゃいだり、おなかがすいてどうしようもなくなったり……と、こんな調子が続くので果たして目的は達成できるのかと不安になりつつも笑えてしまいます。でも、シリウスが少しずつ成長していき、周囲の猫や犬、そして人間たちとの絆を作り上げていく過程はとても良かったです。だからこそ、ラストシーンがどうしようもなく切なくなるのですが……。

肷

「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B」

■感想メモ。
「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B」(千葉智宏・メディアワークス)
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B

 短編小説27本+コミック1本、ジオラマによる挿絵と設定資料が収録された本。
 「SEED本編を知らなくても大丈夫」とのことですが、本編から出張してきているキャラの説明がほとんどなくて、どんなキャラなのか今一つ分からない部分も……。
 全体的にストーリーはあっさり目。戦いの結末が描かれずに終わる話もあり、そこで終わり?と戸惑ったりもしました。これ単体でなく、小説や漫画も合わせて読むと補完されてちょうどいい感じですね。
 キャラ設定資料のイラストは楽しんだものの、ジオラマの方はモノクロ収録されているものがかなり見づらかったです。

肷

どらあわリア着

■PBM「どらごにっく★あわー!」第6回リアが届いています。
 とり急ぎタイトルのみ。

A061801「Count4 2/13  “グレーダー”S・T・オベルコ」
●A061819「Count4 11/13 僕は特にやっていない」

 特に何もやってないのにユニオン幹部に出世させられそうになっています。
 まぁ裏では色々と理由があるみたいですが……PC的にはまったく嬉しくないという(笑)。
 詳しい感想と発行された称号についてはまた明日にでも。

肷

まったりゲーム

■本日のお買いもの。
・宇宙賃貸サルガッ荘4(TAGRO・モーニングKC)
・コーデルテルの竜術士~子竜物語~1限定版(石動あゆま・ゼロサムコミックス)
・悪い魔法使いはいりませんか?(矢貫こよみ・ルルル文庫)
・ましろシュリュッセル(氷雨こうじ・一迅社文庫)

 サルガッ荘は連載当時(Gファンタジー)から好きで好きでたまらない作品だったのですが、まったく売れてなかったんですね……。今回(新装版4巻/最終巻)のあとがき読んで、旧版最終巻の刷り部数が1000部以下だったのを知って愕然としました。でも今でも愛してます。

宇宙賃貸サルガッ荘(4)<完> (KCデラックス)コーセルテルの竜術士~子竜物語~(1)限定版悪い魔法使いはいりませんか? (小学館ルルル文庫 や 1-1)ましろシュリッセル (一迅社文庫)

■7月25日のどうぶつの森。
 今日は「ホメる日」。お互いに褒めまくります。
 「褒めて!!」と言われたので「超スーパークール」と返したら通じなかった。…褒めてますよ?

 アメリカ村に「タヌキデパート」オープン!!
 テナントで美容室もできたよ!!
 ということで早速カットしてもらいました。

 イケメン化!!!
 ……髪型(色含む)が選択でなく質問の答えで決まっちゃうのにはちょっと焦りましたが(笑)。思いのほかいい感じになったので、帽子が被れない(被ると髪が全部隠れるので)のがちょっともったいないかなぁ。

■スパロボWプレイメモその12(39話まで)。

 だいぶ放置状態でしたが、弟がNEOクリアしちゃったというのでこちらも頑張ってクリアしようかなと再開。
 どうでもいい話ですが、前にやってたのが「P3P」だったので、アストレイの風花(かざはな)が出るたびに「ふうか」と読んでしまいます。
(さらに…)

肷

「Are you Alice?―君が捲る世界」

■感想メモ。
「Are you Alice?―君が捲る世界」(諸口正巳・一迅社文庫アイリス)
Are you Alice?―君が捲る世界 (一迅社文庫アイリス)
 『俺の名前は、なんだ―?』夢を捨て、不思議の国に迷い込んだ少年は、白ウサギを殺す為のゲームに最も必要な「アリス」の名を持っていた。全てはゲームのルールとハートの女王の命令に縛られ、常識の一切通用しないイカレた物語の中で、アリスはただ冷たく光る銃を手に執ることを決める。とびっきりの悪夢に満ちた極上の物語。二宮愛が贈る大人気ドラマCDシリーズ『Are you Alice?』ノベル版でついに登場。

 原作は知らず、漫画版の1話をちらっと読んだくらい、で作者買いです。混沌とした世界の雰囲気に、C★NOVELSの「世界時計と針の夢」(諸口正巳)をふと思い出したりしましたが、あちらほどグロテスクだったりおっさん多めだったりはさすがにしてないですね(笑)。
 ルールと設定に行動と存在を縛られた登場人物たちから垣間見えるやりきれなさはいいなぁと思ったものの……。すごく中途半端なところで話が終わってしまったのにびっくり。設定や伏線も、出すだけで回収されてないし、すっきりしません。続きはドラマCDもしくは漫画で!ということなんでしょうか。結構楽しんで読んでいたので余計にがっかりしてしまいました。

肷