しまった

■PBM「ペリュトーンの剣」のPC用にアホな感じの名前を考えていたのですが、それがなんだったかころっと忘れてしまいました……。マニュアルが来るまでに思い出せればいいな。
 公式サイトでPC作成ルールとかがちょこちょこ更新されてますが、現時点では種族すら未定です。何か、なかなかPCが作れない気がしてきた今日この頃。
 ポリフォニカの黒みたいに、おじさんと女の子の組み合わせ(この場合は勿論おじさんの方が剣)とか面白そうだな~とか適当なこと考えてます。

■急なシフト変更で明日は夜遅くまで帰れそうにないことになってしまったので、今日のやる気メーターが減りました。早めに寝ます……。

肷

「とある飛空士への追憶」

■今日読んだ本メモ。
「とある飛空士への追憶」(犬村小六・ガガガ文庫)

「貴様にひとつ、重大な任務を託したい」
レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、次期皇妃である美しい少女ファナを偵察機の後席に乗せ、海上を単機敵中翔破せよとの命を受ける。圧倒的攻撃力の敵国戦闘機軍が、シャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲い掛かり――。
1冊読みきりで、綺麗にまとまった作品でした。
身分が天と地ほども違う2人。けれど実は幼い頃に会った事があって……という背景と、旅の途中で徐々に近づいていく心。それを踏まえた上でのシャルルの決断。安易なハッピーエンドに逃げずに、あの道を選んだことは良かったと思います。読者の心情的には2人に結ばれて欲しいという気持ちも少なからずありましたが……。
読み終わって、改めて表紙の絵を見て、あああのシーンを描いてるんだなぁと気付くと、またじんわりしました。ここを(挿絵でなく)あえて表紙に持ってくるというのが良いですね。

肷

げほげほ

■朝っぱらから郵便局に出かけたりしていたら、ものの見事に風邪引きました。のどが痛いです。

■DSのバッカーノ!無事届きました。
対象年齢15歳以上なのは、グロテスクなシーンがあるからなんでしょうか。
予約特典のゲームブック(作者書き下ろし)、真っ先に「14」を見たら、

14へ行け→死亡

だったのに吹きました。
弟にDSを借りようかと目論み中です。

■アニメ感想。

  • 素敵探偵ラビリンス#21「歪んだ色彩」
  • いや別に昔のタイムカプセルを掘り起こしに行く必要はないのでは……。繭樹と一緒に思い出を埋めたいのであれば(双子弟だったかが後で言ってましたが)わざわざ危険を冒さずとも、新しいのを作って埋めればいいわけで。
    兄弟対決+姉妹対決。とりあえず、兄弟揃ってロリコンなんだなぁと……(笑)。どうでもいいですが、彩の服装って信濃の人間の趣味なんでしょうか?

    ■漫画の感想。
    普段はあまり書かない漫画の感想ですが、どうしても叫んでおきたいことがあったので書いておきます(笑)。

    「ワイルドアームズXF」(鈴羅木かりん+金子彰史・電撃コミックス)
    ワイルドアームズXFワイルドアームズXF

    同タイトルゲームの漫画版。
    とはいえ、5話完結なので最初と最後だけストーリーラインに沿わせ、間は各キャラ視点の漫画版のみのエピソードが主になってます。
    だいたいこんな感じ↓
    —–
    1話:クラリッサ&フィアースで軽くストーリー紹介
    2話:レヴィンの過去話
    3話:王女姉妹の過去話
    4話:ED
    5話:後日談(11年後!)
    —–
    キャラ絵に関しては、女性陣はいいとして、男性キャラ描くの苦手なのかなぁ……という印象。フィアースがかなり童顔でした。
    キャラによって出番がかなり偏っていて、ログナーとラブライナ先生は空気。敵キャラは名前すら出ない人も……。
    良くも悪くも、ゲームをプレイした人向けの漫画でした。

    で、後日談に「ぎゃー」となったので反転して叫びを書いておきます(笑)。

    フィアースとの哀しい別れから11年。平和記念式典の祭りに向かうクラリッサは謎の光に導かれ、霊峰ウラルトゥ山へ……。EDがもう哀しくて哀しくて、やめてよ金子さん(※シナリオ担当)って感じだったのですが、この後日談はありがとう金子さん!って感じでした(笑)。

    11年の時を飛び越え、約束どおり、クラリッサの元へ帰ってきたフィアース。

    ほんとにいい後日談でした!
    でもフィアースは11年前のまんま年を取ってないわけで、クラリッサとの年齢差を計算したら、年の差カップル好きな私としては「ぎゃー」っとなりました(笑)。
    ゲーム中はクラリッサ17歳、フィアース26歳の9歳差。
    11年後はクラリッサ28歳、フィアース26歳で逆転してるんですけど!(笑)

    しかしそれよりも何よりも、最大のツッコミどころは、

    「11年前から外見が変わってないトニー(犬)」

    だと思われます。実は犬じゃないんじゃあ……。

    ■本日のお買い物。

  • DS電撃文庫ADV バッカーノ!
  • とある飛空士への追憶(犬村小六・ガガガ文庫)
  • 龍眼―ドラゴンアイ―9(藤山海里・シリウスKC)
  • 銃姫 Sincerely Night3(高殿円+一文字蛍・シリウスKC)
  • 蟲師9(漆原友紀・アフタヌーンKC)
  • 春期限定いちごタルト事件・前編(饅頭屋餡子+米澤穂信・Gファンタジーコミックス)
  • ワイルドアームズXF(鈴羅木かりん+金子彰史・電撃コミックス)
  • DS電撃文庫ADV バッカーノ! 特典 原作者:成田良悟氏書き下ろしゲームブック付き龍眼―ドラゴンアイ―9龍眼―ドラゴンアイ―9銃姫 Sincerely Night3銃姫 Sincerely Night3蟲師9蟲師9春期限定いちごタルト事件・前編春期限定いちごタルト事件・前編ワイルドアームズXFワイルドアームズXF

    肷

    「クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ」

    ■今日読んだ本メモ。
    「クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ」(梶尾真治・朝日ソノラマ)
    クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティクロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ
     何度目かの文庫化。私は以前のソノラマ文庫の分を読んでいるのですが、やはり好きな作品なので今回の分も購入しました。ソノラマ文庫版に収録されていた3話に加え、雑誌掲載や舞台原作の2話、そして書き下ろしが1話の計6話が収録されています(ソノラマ文庫版にあった<外伝>は未収録)。
     過去に飛べるがその反動で遥か未来に飛ばされてしまうタイムマシン、クロノス・ジョウンター。二度と現代に帰れないと分かっていても、愛する人を救うため、過去に飛ぶ人々とその数奇な運命を描いた短編集です。
     今回の本は、ソノラマ文庫版よりも短編同士のリンクが強化されてるなと感じました。一番最後の書き下ろしの主人公が、これまでの短編でちょこちょこと出ていた人物だったのが感慨深いです。
     話の中で、少しずつ改良されていくクロノス・ジョウンター。初期にこの性能があったならあの人はどうなっただろうか?と後半になるにつれ、思わずにはいられませんでした。

    肷

    届いたり届かなかったり

    ■帰宅した後バッカーノ!のDVD見てたら時間がなくなってしまって、今日は本が半分くらいしか読めず……。明日には読みきる予定。
    そういえば、25日に発送通知が来た「バッカーノ!」のDS版ですが、今日も届かないので確認したところ、どうも28日に発送指定されている模様。散々延期したくせに、発売日前には届けないよう指定してるんですねメディアワークスめ……(※電撃屋.COMで予約してました)。まぁ、1日の差くらいなので大したことはないんですけど。他のところで予約してたら今日には届いてたかもしれません。

    ■アニメ感想。

  • 狼と香辛料#9「狼と羊飼いの子羊」
  • 次への伏線が張られてた回。
    ロレンスとノーラが話している脇で、黙って座ってるホロの動きがなんだか笑えました。
    ロレンスとホロのやり取りはやっぱり良かったのですが、まだあまり話が動いてないので感想が書きにくい……。次回に期待。

  • バッカーノ!#14<番外編・上>「グラハム・スペクターの愛と平和」
  • DVD5巻収録の番外編その1。
    ネタバレ含むのでちょっと反転しておきますね。
    —–
    タイトルから予測して、特急&鈍行編ドラマCDの付録小説「回送編」をやるのかなーと思いきや、それにさらに1932とかオリジナルのシーンがプラスされた盛りだくさんな内容でした。グラハムがしゃべるしゃべる。杉田さんグラハムは最初戸惑いましたが、ぐねぐねと唸るようなテンションの上げ下げに魅了されてしまいました。次回(#15)予告までグラハムの独壇場でしたし。うーん、凄かった。贅沢を言えば、シャフトのツッコミがもっと欲しかったですが(笑)。回送のラッドVSグラハムのテンション高すぎ。
    個人的にはアルヴェアーレでドミノ並べてるシーンが見れたのが嬉しかったです。他のキャラはともかくとして、ロニーさんはなんでそんなに楽しそうなんだろう……(笑)。

    —–

    ■本日のお買い物。

  • DVD「バッカーノ!5」
  • DVD「DARKER THAN BLACK―黒の契約者―8」
  • 肷

    ばたばた終了

    チョコ入りチーズケーキ
    ■月曜日は仕事が休みでお留守番。おやつにはチョコレートのスフレチーズケーキを作りました。
     用事をしていたら、うっかり郵便局に行くのを忘れてました……。

    ■アニメ感想。

  • バンブーブレード#21「川添珠姫と鈴木凛」
  • 「シナイダーはシナナインダー!!」
     今回のインパクト賞(笑)
     なんかもう今回はブレイバー(とシナイダー)一色で、違うアニメ見てるみたいでした。でもそこからちゃんと剣道ネタ(関東大会)に繋げるのは上手いな、と。それであと5話もたせるのかなーと思いきや、次回ですぐ大会?早ッ!
     ブレイバー劇場版、DVDにでも収録されませんかね~(笑)。

    肷

    「紅~ギロチン~」

    ■今日読んだ本メモ。
    「紅~ギロチン~」(片山憲太郎・スーパーダッシュ文庫)
    紅~ギロチン~紅~ギロチン~
     シリーズ第2弾。
     駆け出しの揉め事処理屋・紅真九郎に来た一本の電話。それは商売敵である悪宇商会からの勧誘だった。一度は応じた真九郎だったが、最終課題が少女の暗殺であることを知り拒否、交渉は決裂する。少女の暗殺を阻止するため動き出す真九郎だったが……。
     話が動き出すまで長く感じてしまいました。暗殺の標的である理津との絡みがもっと多ければ、終盤の重さも違ってたんでは。せっかくの彼女の設定が勿体無い。それもこれも、真九郎が長々とくよくよ迷ってなかなか進まなかったせいなんでしょうが。やたら女性に助けてもらうのは「電波的~」の主人公と同じですが、自分の力でどうにかする(戦う)までが長すぎるのがネックだと思います。戦闘はかなりあっさり風味でしたね……。
     新キャラの切彦はいいキャラしてましたね。個人的には刃物持ってない方が好きです。この子を「ちゃん」付けで呼んでしまえる部分は、真九郎のいいところだと思います(笑)。

    肷

    「電波的な彼女~幸福ゲーム~」

    ■今日読んだ本メモ。
    「電波的な彼女~幸福ゲーム~」(片山憲太郎・スーパーダッシュ文庫)
    電波的な彼女~幸福ゲーム~電波的な彼女~幸福ゲーム~
     シリーズ第3弾。
     無差別イジメに巻き込まれたジュウ。次第にエスカレートしていく中、雨の妹・光も被害に遭っていると知り、ジュウはついに犯人探しを始める。雨たちの協力を得ながら突き止めたのは、奇妙な集団で――。
     名も無き一般人たちの陰湿さだとか悪意だとかのせいで、読んでいても読み終わってもどうもすっきりしない作品ですが、今回は(完全なハッピーエンドでは無いですが)胸のもやもやが少し晴らされました。まさしく「因果応報」。
     しかし、女の子たちが有能すぎて、主人公はどうなんだろう……と思わないでもなく。たしかに彼女たちを動かせるのは彼だけなんでしょうけどね。ただ、1巻を読んだ頃の嫌悪感のようなものは薄れてきたように感じます。結局のところ、”お人よし”担当なんでしょうねー。

    肷

    明日もばたばた

    ■今日明日はまた家でお留守番役でばたばたしております。

    ■朝の番組感想。

  • 炎神戦隊ゴーオンジャー#2「無茶ナヤツラ」
  •  黒の人は元警察官なのに堂々と空き巣に入っていいのでしょうか……。本当にゴーオンジャーになりたくてなりたくて仕方が無いんだな~と思うと笑えます。赤青黄の変身シーンを間近で見た感想が「……かっこよすぎる……」だったのに爆笑。赤の人は黒を見て「このツンツン野郎!」と言ってましたが、それが髪型を指しての台詞だと理解しつつも、どうしても「ツンデレ」のツンが頭から離れませんでした(笑)。
     今回は緑と黒が変身&赤青黄がゴーオンジャーになったいきさつ。次回はお約束で仲間割れ&緑と黒の相棒登場みたいですね。
     ところで、変身アイテムの携帯、黄色の子の分だけストラップがじゃらじゃらついてるのが気になるんですが……。

  • 仮面ライダーキバ#5「二重奏・ストーカーパニック」
  •  この作品には空気読めない人が多すぎる。
     やっとキバと会えて嬉しげな名護さんですが……背後で恵が敵に襲われてるの無視ですか(笑)。そんなんだから恵に嫌われるんだと思うんですが。名護さんも変身するっぽいですねー。
     過去編で「コーヒーの代金を払ったことがない」と豪語してた客。公式サイト見て初めて気付いたんですが、狼男の人だったんですね! どういう経緯で現在の状況になってるのか、気になるところではあります。空気読めない人筆頭の音也は、次回活躍することが出来るんでしょうか(笑)。

    ■ブラックマトリクス+、現在第6章です。
     サブキャラが仲間になったのですが、何の伏線も無くいきなり出てきて選択肢で「連れて行く」選んだらパーティインしたので面食らいました。おまけに他のキャラより10くらいレベル低いし……。育成する余裕が無いので、使わずに終わりそうな予感。

    肷

    砂の嵐

    ■今日はものすごい荒れ模様で、暴風が吹き荒れてました。
     そのせいで、道路脇に並ぶ畑(※大きい道路の横にも普通に畑が並んでるのです)からもうもうと砂が舞い上がり、視界はゼロ!
     車運転しててひやひやしました。自転車や徒歩だともっと悲惨なことになったに違いありません。
     会社の入り口付近も砂が舞っていて、ちょっと外に出て会話しようものなら口の中がじゃりじゃりいってしまう様な状態でした。
     恐るべし砂嵐……。

    ■ブラックマトリクス+は現在第5章の途中。
     強欲のマモン様は小物っぽくて良いですね(笑)。
     ぼったくり商店は、出撃準備画面でお店に行くと普通の値段で売ってくれるという不思議仕様。ポーションが買えて一安心です。
     ボスの魔法一撃で主人公(HPMAX状態)が沈んだりとかしましたが(笑)、おおむね好調です。

    肷