大阪旅行2日目

■大阪旅行2日目の様子です。
(さらに…)

肷

大阪旅行1日目

■去る8月20日・21日と甥っ子(8歳)と二人で1泊2日の大阪旅行に行ってきました!
 その様子を写真を交えつつレポートします。
 ちなみに写真は首からネックストラップでデジカメ(私の所持品)ぶら下げていた甥っ子が撮ったものがほとんどです。撮りも撮ったり2日で約250枚。あとでまとめて見たら、甥っ子がどういう視点で見ていて、何に興味を引かれるのかをうかがい知ることが出来て面白かったです。
 画像多めなので記事は畳みます。
(さらに…)

肷

工場見学

■昨日は甥っ子と二人で工場見学の日帰りバスツアーに行ってきました。
 行き先はカバヤお菓子工場とヤクルトの工場の2か所。

カバヤ

 会社の名前の由来になったから…なんでしょうが、入り口からカバ、通路にもカバ、右を向いても左を向いてもカバ!という徹底ぶり。この写真だけだと何の会社なのか分からないですね(笑)。


 キャンディーの製造ラインを見学。壁沿いにはお菓子の歴史や数々のオマケの展示がされていて、ライン見学して折り返し、展示を見て戻ってくるという形になっていました。
 オマケも懐かしいものから最新のものまで揃っていて、買ったことのあるものがあると嬉しくなってしまいます。


 セボンスターで大興奮。


 あとこんな人もいて、甥っ子が喜んで撮影してました(笑)。

ヤクルト

 ここではヨーグルトの製造ラインを見学。屋外からだったのでちょっと暑かったです……。


 見学、ヨーグルト試食、ビデオと慌ただしかったのであまり写真撮れず。タッチパネルでヤクルトの製造工程を紹介してくれるモニタとかもあったのですが、ばたばたしていてあまり見られなかったのが残念。カバヤのときと同じ1時間程度の滞在だったはずなのですが、こちらの方が短く感じられました。


 おみやげに買った、たこ焼き……ではなくシュークリーム。
 見た目に反して、味はごくごく普通のシュークリームでした。

肷

高知旅行へ行ってきました(2日目)

■2日目。

 宿で朝ごはん。
 焼き魚を食べた甥っ子がしみじみと「いきててよかった……」。なんで7歳にしてこんなにおっさんくさいんでしょうか(笑)。

 宿をチェックアウトした後はバスで奈半利駅へ。
 本当はここでサンゴ観光船に乗る予定で予約していたのですが、生憎、海が濁っているので欠航になったとの連絡が。残念でした。ともあれ、予定を前倒しして、高知市内まで移動することにしました。

なはり駅

 3階建ての奈半利駅。
 電車が来るまで時間があったので、お土産物店を覗いたり、公園で遊んだり、スーパーにおやつを買いに行ったりしました。

なはりこちゃん

 何故か後姿の奈半利駅マスコット、なはりこちゃん。
 あえて正面から撮らないのが7歳児のセンス(かどうかは不明ですが)。

ピンズ

 お土産に買った、駅のキャラのピンズ。

路面電車

 高知駅まで移動した後、路面電車に乗り換え。
 電車のすぐ側を車で走るのは大変そうだなぁ、なんて思ったりしてました。
 高知城前駅にて下車。

高知城1高知城2高知城3

 高知城は石垣が修復工事中でした。「忍者は石垣をいかにして登るか・侵入できるのか」ということについて熱く議論を交わす3人。
 お城の天守閣にも行ってきました(ペンキ塗りたてで手すりのところまで行けませんでした)。ガイドさんが丁寧に解説してくれたのですが、写真を撮るのに夢中の甥っ子は上の空でした(すみません…)。

 その後はお城の側で行われていた動物愛護のイベントで甥っ子がポニーに乗せてもらったりとか、可愛いわんこに大興奮したりとかしつつ、ひろめ市場へ移動して遅めのお昼ご飯。高知市内の地理に詳しい末弟の案内のおかげで、迷わず行けてありがたかったです。

市場

 着いた時点で2時近かったように思うのですが、中は人でいっぱい。色々買ってきてテーブルで食べている間に少し空いて来たような感じでした。カツオのタタキも食べました。甥っ子は早々に食事を終えて、市場内のハロウィンの飾り付けを撮るのに夢中になってました。

 食事後は日曜市を通り抜けて、市内をぶらぶら散策。

ハロウィン

 やはりハロウィン色が強かったです。

かふぇ

 最後に駅に戻り、お土産を買い、カフェで休憩してから帰途に付きました。

 振り返ると、末弟が来てくれたおかげでずいぶん楽をさせてもらった旅行でした(笑)。大人が私ひとりだと、どうしても気を張り詰めていっぱいいっぱいになってしまう部分もあるので。
 移動時間の長い旅でしたが、普段の生活では乗ることもない電車やバスにゆっくりのんびり揺られるのも良いものでした。ごめん・なはり線は1両だけのワンマン車両でもトイレ付きなのがすごくありがたかったですねー。いつ「トイレ!」と言われても大丈夫という安心感。ただ、故障してた車両もあったようですが(笑)。
 色んな場所で親切にして頂いて、すごく楽しい旅でした。

肷

高知旅行に行ってきました(1日目)

■10月24日~25日にかけて、甥っ子・末弟と3人で高知県へ行ってきました。
 諸事情により宿泊旅行は今回がひとまず最後となるので、四国で唯一足を踏み入れていない(日帰り旅行含む)、高知県への旅行となりました。
 甥っ子との2人旅行は日帰りの最初が岡山、宿泊は最初が愛媛でした。特に計画的にやったわけではないのですが、宿泊旅行が四国に始まって四国で終わるのは何だか感慨深いものがあります。最初の旅行はもう3年も前なんですよね……。月日の経つのは早いものです。
 まぁ、日帰り旅行に関しては今後も行く気満々なのですが(笑)。

■1日目。

高知駅1高知駅2
 高知駅。作者のやなせたかし氏の故郷であることもあり、そこかしこにアンパンマンのキャラたちがいます(右の写真は左上にブランコに乗ったドキンちゃんが)。四国で2つだけの自動改札のある駅です。とても綺麗な駅ですが、そんなに広くは無く、個人的にはそこがいいなと思いました。

 ここからごめん・なはり線の奈半利駅へ向かいます。

なはり1なはり2なはり3

 ごめん・なはり線各駅にはやなせたかし氏のデザインによるキャラクターたちがいて、電車の中や駅でお出迎えしてくれます(詳しくはごめん・なはり線の公式サイトへ)。真ん中が甥っ子のお気に入り、安田駅の「やすだアユ君」。帽子にアユが乗ってます。

 奈半利駅からモネの庭へ。ここは画家クロード・モネの愛したフランスの「モネの庭」を再現した庭園です。

モネ1モネ2モネ3

 緑溢れ、静かでゆっくりとしたところでした。熱帯性睡蓮が11月初旬までの開花ということだったので、見られて良かったです。
 甥っ子が「のどかなところやなぁ!」と言って、通りすがりのおじさんに「難しい言葉知ってるねえ」と笑われたり。
 甥っ子にデジカメをネックストラップで首からぶらさげてあげたところ、カメラマンに大変身。夢中になって写真を撮って撮って撮りまくってました。それはいいんですが、いちいち「こんなチャンスめったにない!」と言いながら撮るので笑えて仕方が無かったです。
 旅行が終わる頃には200枚以上を撮っていました。ここ以降の写真は8~9割がた甥っ子の撮影で、この日記に載せているのも半数以上は甥っ子が撮ったものです。

ちょうちょ

 そんなこんなでデジカメを持った甥っ子が園内を歩いていると、チケット売り場の方が追いかけてきて、「旅をする蝶」(サイトのブログ記事によると「アサギマダラ」だそうです)を撮影できるスポットを教えてくれたりしました。花の周囲を無数の蝶が舞っていて、しかし他のところには飛んでいかず、何だか不思議な光景でした。

 バス1バス2

 モネの庭から本日の宿までは村営バスで。
 対向車とすれ違えないような山道をどんどん進みます。
 バス停以外の場所でも言えば停まってくれるようで、あちこちで停まり、たまにルート外っぽい場所まで行って戻ったりするので、ものすごくのんびりとした雰囲気でした。急いでいる時に乗るのには向いてないなぁと思ったり。

 そして北川村温泉に到着。
 山の中の、とても静かなところでした。民家と畑と川はあるものの、店は1件も無くて自販機があるくらい。宿に着いたのが早めの時間だったので3人で散歩に出かけたのですが、宿の人に「何も無いところでしょう?」と言われたりしました。でも、だらだら歩いて川にかかる橋を渡ったりススキを取ったり、結構楽しかったです。
 私たちは徒歩だったのですが、車だったら滝を見に行けたみたいでした。

北川村

 宿の前の道はわりと車が走っていて、車が来るたびに甥っ子が全力で手を振っていました。たいていの人は笑っているか、たまに手を振ってくれたりするくらいだったのですが、何故かダンプカーの運転手さんは反応率100%。皆さんノリノリで凄かったです。中にはリズミカルにクラクションを鳴らしてパフォーマンスをしてくれた人も(笑)。

 ゆったりと温泉に浸かって、早めにおやすみなさい。
 2日目へ続きます。

肷

奈良旅行記(7月26日~27日)

■甥っ子と2人、1泊2日で奈良へ行ってきました!
 その様子を写真と箇条書きでざっと書いてみます。

★1日目
・お昼ごろ、奈良に到着。天気予報が「曇り時々雨(60%)」だったので心配してたものの、この時は曇り気味。
・昼食を食べて、宿泊先へ。チェックインまで時間がたっぷりあったため、フロントに荷物を預けて出かける。

興福寺
興福寺
・猿沢池の亀の群れを愛でつつ、興福寺へ。
・この頃、晴れて暑くなって来てへろへろに。

鹿
・奈良公園内を散策。鹿と遭遇。
・興福寺の辺りでは鹿せんべいを売っている屋台がなかったので移動。
・その後購入。鹿に追い回される甥っ子。

氷室神社
氷室神社氷
・とりあえず一番遠いところから行ってみよう……ということで東大寺を目指すことに。
・途中で見かけた氷室神社に寄り道。氷がとても涼しげでした。

水浴び
・鹿も暑いので水浴びです。

東大寺
東大寺1大仏様
・どの土産店にも鹿せんべい常備。鹿に追われる子供たちの泣き叫ぶ声が……。
・そんな中、鹿を引き連れて「俺の部下!」とか言っている中学生くらいの兄弟を目撃。かなりの剛の者です。
・大仏様を見た甥っ子がしきりに「目が開いたらどうしよう」「動いたらどうしよう」と言ってて面白かったです。

二月堂へ…
雨が…
・せっかくなので二月堂の方にも行ってみようか…と足を伸ばしたところ、急にどしゃぶりに。
・天気予報を見て念のため折り畳み傘を持っていったのが役立ちました。
・二月堂は諦め、東大寺方面へ。
・木の下に避難する人々、傘も差さずに猛ダッシュする人々、素早くビニール傘を軒先に出してくる手際の良い土産物屋の人々……。
・東大寺の門のところでは、人と鹿が仲良く雨宿り。
・やがて雨が止み、色々あって人力車で宿まで帰ることに。
・春日大社参道、飛火野、浮見堂を回って宿に帰り着き。
・お風呂に入ったあと、晩御飯を食べに外へ。
・その後、ちょうど良い時間になったので、ライトアップされた箇所をデジカメで撮影に行ってみました。

夜景撮影
猿沢池五重塔鳥居
ライトアッププロムナード・ならというイベント。
・左から猿沢池・興福寺五重塔・春日大社一ノ鳥居。
夜景を撮影すると記念品が貰えるというのを事前に調べて知っていたので、撮影しに行ったのでした。
・それ抜きにしても、なかなかに綺麗なライトアップでした。

★2日目
・ならまち・駅周辺をうろうろと。
・2日目も天気予報は微妙で、朝から曇り気味。
元興寺に行ったんですが、写真撮影禁止だったので以下略。セミの声が物凄かったです。
・そしてこの頃に晴れて日差しがきつくなり、大変でした……。

せんとくんとまんとくん
・商店街のいたるところにせんとくん(とまんとくん)。

せんとくん1せんとくん2
・ゲームセンターではせんとくんの群れ……。

 2日間通して曇り~雨の天気が多めでしたが、もし晴れていたらばててしまって大変だったろうなぁと思うと、却って良かったのかもしれません。
 印象的だったのは、冬に旅行に行ったときは「ぼく、何歳?」と声をかけられていた甥っ子が、今回の旅行では「ぼく、何年生?」と聞かれることがほとんどだったこと。見て分かるものなんだなぁと感心してしまいました。

肷

京都旅行記(2日目)

★八坂神社~円山公園~知恩院
円山公園1円山公園2知恩院2
知恩院知恩院3
・早起きした2人は朝の散策へ。これも当初の計画にはなかったのですが、ずんずん進む甥っ子に引っ張られるような感じで八坂神社→円山公園→知恩院と回ってきました。朝の7時前ということで寒かったですが気持ちよかったです。
・円山公園は花見の名所ということで、この季節は少し淋しい感じ。紅葉している木はまばらに。
・知恩院は1回上まで行って帰ってきて地図を見たら、円山公園に繋がる道があるのを知って、もう1回上がってぐるりと回ってきました。そうこうしているうちにおなかも空いてきたので朝ごはんを食べてから宿に帰還。9時前くらいになってました。少し休憩の後チェックアウト。

★東映太秦映画村
・私はここへ来るのは小学校の修学旅行以来、だいぶ久しぶりです。最初入って「あれ、こんなんだったっけ?」と思ったんですが、昔は団体専用の入り口から入ったはずなので、入ってすぐの光景も違うんですよね(笑)。

アバレンオー電王キバボウケンジャー臨獣殿ゴーオンジャー
・江戸の町並みを見に行く前にスーパーヒーローランドへ(笑)。色んな展示が見ごたえあって楽しかったです。
・写真は上段左から、アバレンオー(爆竜戦隊アバレンジャー)/デンライナーとライダーたち(仮面ライダー電王)/キバ(仮面ライダーキバ)/ボウケンジャー&ズバーン(轟轟戦隊ボウケンジャー)。下段左:臨獣殿の方々(獣拳戦隊ゲキレンジャー)/下段右:ゴーオンジャー。
・載せてないところでは、マジレンジャー一同やゲキレンジャー、歴代ライダー、歴代レッドや色んな戦隊の乗り物(バイク)なども展示されてました。
・しかし、ボウケンジャーやマジレンジャーは全員いるのに、ゲキレンジャーは3人しかいなかったという……。ゴーオンジャーもウイングスはいませんでした。キバだと、アークがいるのにイクサがいなかったり、謎です。
・歴代戦隊を紹介するパネル展示もあったのですが、紹介文が結構笑えました。ほとんどブラックのことしか書いてないジェットマンの紹介とか(笑)。
・他には電王やゴーオンジャーの映画の撮影の様子を録った写真展示や、デカレンジャーやゲキレンジャーの映画村ロケ回の写真展示などもありました。
・ゴーオンジャーの塗り絵コーナーで甥っ子が夢中になっている間、私は歴代戦隊のOPを順番にループで流している画面の前のベンチでぼんやりしてました。
・この展示を見に来ていたのは家族連れ、修学旅行生の他、外国の方が多かったです。

映画村1映画村2映画村3映画村4
・町並み見学。
・とても怖いというお化け屋敷にも行ってきました。「出れなかったらどうしよう…」と言っていた甥っ子。入った瞬間から繋いだ手が震えていたので、私の腰にしがみつかせた状態で進むことに。でも甥っ子の口から出る言葉が「怖い!」ではなく「死んでしまう……」だったのには、悪いと思いつつも笑ってしまいました。無事に出口にたどり着いたものの大泣きしてしまい、落ち着くまでベンチで小休止。
・しかし、自分がお化け屋敷で泣いたことを売店の人とかスタッフの人に言って回る甥っ子が良く分からない(笑)。
・その後、各所で行われていた催しを見て回りました。チャンバラ教室では甥っ子が舞台に上がってお侍さんと対決(笑)。他に4人ほどの人がチャンバラ体験をしたのですが、高校生くらいの女の子が司会の人に「どんな時代劇が好きですか?」と聞かれて「忍たま乱太郎です!」と答えていたのが忘れられません……(笑)。司会の人も一瞬反応に困ってました(笑)。

★京都駅
京都タワー2
・バスで京都駅まで帰ってきました。やっぱり暗くなるのが早いですねー。
・高速バスの時間までお土産コーナーや伊勢丹をうろうろ。春に来た時はクインテットのシャープくんぬいぐるみを買って帰ったんですが、今回はフラットさんを購入。全員揃う日は来るのでしょうか(笑)。甥っ子にも何か欲しいか聞いたらスコアさんのハンドパペットが欲しいというので買いました。「今だから話そう」を適当な歌詞で歌いながら遊んでます。

・事前の計画よりも多くの場所を回れた、盛りだくさんの旅となりました。とても楽しかったんですが、2日間歩き通しだったので足が痛くなりました……。京都は交通の便も良いし、いいところだなぁとしみじみ。また機会があれば、別のところを回ってみたいです。

肷

京都旅行記(1日目)

■12月7日・8日と、甥っ子(6歳)と2人で京都へ旅行に行ってきました。その時の様子をご報告。

★京都駅に到着
・前回(春に滋賀に行った時)はバス+新幹線で京都駅まで来ましたが、今回は高速バスで直で京都駅まで。雲ひとつない快晴でしたが、寒かった!
・とりあえずロッカーに荷物を預けて身軽になり、行動開始。

★京都タワー
・前回も行ったので2回目。
・展望室からの帰り道に、マスコットキャラのたわわちゃんとの記念写真の撮影場所が何箇所もできていたので全部撮って来ました。立っている人形だったり、顔を出す窓のついている看板だったり、色んなパターンのたわわちゃんが……。
・京都駅で早めのお昼を食べて次の場所へ。

★東寺
東寺1東寺2
・実は当初はここに行く予定では無かったのですが、京都駅へ向かうバスの車窓から何か催し物をしているのが見えて気になったので行ってみました。
・ガラクタ市が開催されていたので2人で見物。骨董品から着物から古いおもちゃから何か良く分からないものまで、色々売られていて面白かったです。
・特別拝観にも行ってみました。紅葉がとても綺麗。甥っ子は仏像を見て「ご先祖様?」を連発していました(笑)。

★八坂の塔
八坂の塔
・東寺から京都駅まで帰ってきたのが午後1時くらい。少し早いですが宿へ向かうことに。バスで行くつもりがあまりの人の多さに(1回のバスに乗り切れないくらいの大行列でした)諦めて、タクシーで行くことに。
・チェックイン時刻より2時間ほど早かったので荷物だけ預かってもらおうと思ったのですが、部屋に入っても良いとのことだったのでひとまず休憩。
・そして散策へ。写真は八坂の塔。ここの特別拝観は中学生未満は入らせてもらえないようだったので断念。

★三年坂~清水寺
忍者犬?
・謎の忍者犬に遭遇したりしつつ、三年坂を登ります。結構きつい坂でした……。
清水寺1清水寺2清水寺2
・いつもだとすぐに「疲れた、ホテル帰りたい…」と言い出す甥っ子なので、宿からの距離を考えると清水寺まで行くのは無理かな?と思っていたのですが、歩いているうちに門が見えてきたのでそのまま中まで行くことに(ちなみに、今回の旅行では一言も「帰りたい」とは言いませんでした。成長しているということなんでしょうか)。
・たくさんの人出でしたが、スムーズに流れていたので窮屈さを感じずゆっくり回れました。ここでも紅葉が鮮やか。音羽の滝の水も2人で飲んできました。
・帰り道を曲がり間違って2年坂を往復したりしつつ、宿に帰り着いて休憩。

★八坂神社
八坂神社
・ふたたび宿を出たのは5時過ぎだったのですが、だいぶ辺りが暗くなってきました。今度は八坂神社へ。ちょうちんに明かりが灯されていて綺麗でした。

★八坂の塔(ライトアップ)
八坂の塔2
・神社から戻ってきました。塔の前で客待ちをしていた人力車のお兄さんが「6時になったらライトアップする」と教えてくれたので、それまで待つことに。
・ライトアップというから派手なものを想像していたのですが、まったくそうではなく、優しくやわらかな光で塔が照らされていました。
・ちなみに、7日は清水寺や他の場所もライトアップされる最終日だったのですが、そこまで行く余力がなかったので断念しました。また機会があれば見に行きたいものです。

・軽く晩御飯を食べて、宿に戻って就寝。歩き回って疲れていたので、2人とも8時くらいに寝てしまいました(笑)。

肷

奈良旅行2日目

 疲れからぐっすり寝た二人は早朝に起床。宿の方に挨拶をして、朝食をとるために駅へ向かいます。

★朝食
・駅前のミスドで朝ごはん。席がおじさんで埋まってたのにびっくり。地元のミスドは家族連れが多い印象なので……。
・常連さんが多いのか、「いつものやつ」という一言で注文を済ませている方もいて、かっこいいなぁ!と思ってしまいました(笑)。
・駅ではお巡りさん数人が振り込め詐欺への注意を促すティッシュ配りをしていました。構内をうろうろしていると声をかけられ、1回貰ったので断ろうとしたら逆に「もっと持ってって!」とティッシュを2個ほどくれました(笑)。なかなか面白い人でした。

★橿原コミュニティバス→橿原市昆虫館
バス
・どこで降りても大人170円。終点の昆虫館まで乗っていたのは私達だけでした。ほぼ貸しきり状態。
・開館10分前に到着。ここでも私達以外に客がおらず、貸しきり状態。バスの時間まで余裕があったのでぐるりと2周しました。
蝶1蝶2蝶3
・亜熱帯植物が栽培されている温室では、昆虫館で産卵・飼育・羽化させたたくさんの蝶たちが飛び回っていました。花の蜜を吸っている姿など、本当に間近で見ることが出来ました。地面にも平気でとまってたりするので、うっかり踏んだりしないかちょっとひやひやしましたが(笑)。
・私達が帰る頃には結構子供連れの家族や幼稚園か何かの集団が来ていて、賑やかになっていました。

★昼食→近鉄百貨店
・ラーメンが食べたい甥っ子の要望によりお昼はラーメン。
・帰りのバスまでだいぶ時間が残っていたので、駅前の近鉄百貨店に行ってみることに。
・エレベーターホールに設置されていたタッチパネルで、フロアや催し物の情報だけでなく、駅の時刻表まで閲覧できることにちょっと感心。ただ子供のおもちゃになってましたけど(笑)。
・屋上の芝生のスペース(立派な名前を付けているわりには狭くて驚いた)から大和三山を眺めてまったり。

★天理駅→高速バス
・寄り道した割りにまだだいぶ時間が余ってしまったので、駅近くの公園で甥っ子を遊ばせたりしながらぼんやり待っていました。だいぶ雲の多い天気でしたが、雨は降らず、良かったです。
・高速バスに乗り、帰路へ。

 奈良は小学校の修学旅行以来で、橿原へ行くのは初めてでしたが思った以上に楽しかったです。
 駅や宿、立ち寄ったお店などで出会った方々は気さくで、親切にしていただきました。甥っ子のテンションが高くて、お巡りさん・警備員さん・駅員さん・バスの運転手さんを見かけるとダッシュで駆け寄っていって「おはようございます!」「こんにちは!」「さようなら!」「バイバイ!」と片っ端から挨拶して回っていました。あとお年寄りも好きなので、宿のご主人夫婦には挨拶のほか、出かけたり帰ったりする度に「どこへ行って何をした・買ってもらった」と報告しに行っていました。その代わり、若いお姉さんとかは苦手なようで、恥ずかしがってすぐ私の後ろに隠れてしまったりするわけですが(笑)。見ていてたいへん面白かったです。

★おまけ
鹿1鹿2鹿3
 奈良はやっぱり鹿だらけでした。
 個人的には一番左のダジャレがツボでした(笑)。

肷

奈良旅行1日目

■夏休みも終わりに近付いた8月24日・25日と、甥っ子と二人で1泊2日の旅行に行ってきました。
 行き先は、
せんとくん
 見ての通りの奈良県です。

★高速バス→天理駅
・夜行バスを除けば今までで一番長い時間バスに揺られていました。
・朝からお昼までの乗車だったので、おやつとパンを持っていってもぐもぐ。
・予定よりも20分も早い到着でした。
・車窓から奈良公園を見物。

★天理駅→平端→大和八木駅
・近鉄を乗り継いで到着。
・大和八木は駅の周囲にごちゃっとビルが立っている印象。
・宿へ向かおうと思ったのですが、場所が分からず。
・近くに交番があったので道を聞こうと思ったのに留守……。
・改めて地図を確認したら、自分でプリントアウトしてきた地図は上側が北、駅にあった案内板の地図は上側が南になっていることに気がつく。
・何とか宿に到着。

★宿→ふたたび駅へ
・泊めていただいた宿は江戸時代から旅籠をされていたというところ。古い建物でとても味がありました。
・入ってすぐが広い土間、急な階段に歩くとみしみしいう廊下。(ご主人夫婦がお年を召した方だったこともあり)イメージ的には田舎の祖父母の家に泊まりに来たような感じでした。
・部屋で休憩してから出かけようとしたらあいにくの雨。宿の方が親切に大人用と子供用の傘を貸してくださいました。

★大和八木→橿原神宮前
・傘を差しつつてくてく歩く。神宮前駅から橿原神宮までは一直線。
・……なのですが、途中にある店のうち入り口の戸が開いていたところに甥っ子がいちいち「こんにちはー!」と挨拶するのでなかなか進まない(笑)。
・挨拶だけで通り過ぎるのも失礼と思い、おやつを買ったり、食堂でカキ氷を食べたりしているうちに、いつの間にか雨が止んでいました。

★橿原神宮
鳥居本殿
・駐車場にそこそこ車は止まっていましたが人出は多くなく、静かで気持ちのいいところでした。
・袋入りのおみくじを二人で引いて、私は小吉、甥っ子は大吉。甥っ子はおみくじで大吉を引く率がやたら高い気がするんですが……(笑)。
・八咫鳥が描かれたサッカーのお守りなんかもありました。
わらびもち
・帰りに御茶屋さんで休憩。写真はわらびもちのセット。

★宿へ帰還
・本当は今井町にも行くつもりだったのですが、甥っ子の「つかれたー!」連発により断念。ひとまず宿へ戻ります。
・この日はたまたま地区のお祭り(愛宕祭り)の2日目。宿の方にそれを教えてもらい、夕方から出かけてみることにしました。

★愛宕祭り
・宿を出たのが5時ごろでまだ明るかったからか、人はそんなに多くも無く。屋台の並びを辿って歩いていくと、小学校に行き着きました。
・小学校ではチケット(金券)を買い、わたがしややきそばと交換したり金魚すくいをしたり、小さな子供向けのアトラクションで遊んだりできるようになっていました。
スライダーアスレチック
・甥っ子が夢中で遊んでました。
・浴衣を着た女の子たちが堂々とスライダーで滑ってるのが気になって仕方が無い私……(笑)。だいぶ着崩れてました。
造り山1造り山2
・学校や道端にはこんなものも。からくり仕掛けで動いています。左のものは裏側も見せてもらったのですが……、モーターや自転車(タイヤのチューブを外してさかさまにしてあった)、扇風機(ヘッドが外してある)を駆使して動かしていて、凄かったです。
・地元で屋台が出るような祭りは仕事で行けないので、屋台めぐりをしたのが何年ぶりかのことで懐かしかったです。にしても、どれも値段上がりましたね……。おめんの値段にびっくりでした。自分の売ってるお面のキャラ名を把握してない屋台のお姉さんにも(笑)。
・甥っ子の希望でライジングイクサのお面を買ってあげたのですが、被ってまず最初の一言が「ボタンをよこせぇぇぇ!」なのはどうなんでしょうか(笑)。10円玉をボタンに見立てて名護さんごっこをしてました(笑)。
・帰るころには真っ暗に。この頃にはだいぶ人も多くなり、道が狭いので歩くのが大変でした。行きと同じ道を戻ったはずが、いつのまにか全然違う場所に出ていてちょっと焦りました(笑)。
・駅まで戻って、何とか宿まで帰り着きました。
・5時に出かけて帰りが8時。2時間は歩いていた計算で、ふだん歩かない私はかなり足が痛かったです……。

2日目へ続く。

肷
  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >