「シノビガミ・リプレイ戦2 妖孤、中天に舞う」

■感想メモ。
「シノビガミ・リプレイ戦2 妖孤、中天に舞う」(河嶋陶一郎/冒険企画局・富士見ドラゴンブック)
シノビガミ・リプレイ戦(2)  妖狐、中天に舞う (富士見ドラゴン・ブック)
 私立御斎学園の修学旅行―数多のシノビが集う学園の修学旅行が、ただの旅行で終わるはずもない。天華たち生徒会一同に下された忍務、それは姉妹校のシノビたちとの忍術合戦であった。余人に知られることなく、京都を舞台に繰り広げられるシノビたちの闘争。だが、血で血をぬぐう壮絶な戦いは、京都の地に眠る妖怪、魔人、そして古き因縁をも呼び覚ます。いま、明らかにされる天華と白子の秘密。大好評のアルティメット・シノビアクション・リプレイ、第二巻開幕。

 シリーズ第2弾。
 修学旅行だ観光だ恋愛だ!と浮かれていられないのがシノビの世界。
 いやー、やっぱり「シノビガミ」は楽しいなぁ!と思わずにいられません(実際にプレイするのも楽しいですよ!)。今回は【秘密】自体はそんなに突拍子もないものは少ないのかな……なんて油断していたらすっかりしてやられてしまいました。あの騙しのテクニックはお見事の一言。PCたちの【秘密】が明かされる順番が絶妙で、あの順番が違っていたらまた別の展開になっていたんでしょうねー。最後まで盛り上がったセッションでした。
 お話としては一段落ついていますが、できればPCたちのその後ももっと見てみたいです。

肷

「シノビガミ・リプレイ戦1 事無草、咲く」

■感想メモ。
「シノビガミ・リプレイ戦1 事無草、咲く」(河嶋陶一郎・富士見ドラゴンブック)
シノビガミ・リプレイ戦(1)  事無草、咲く (富士見ドラゴン・ブック)
 良家の子女が通う超名門進学校「私立御斎学園」。その真の姿は、世界中から集められた異能の血を引く子どもたちが「力」の使い方を学ぶ忍者養成機関である。その学園に転校した少女・化野天華は「友達」を作るため、生徒会長を決める「六道祭」への参加を決意する。その実体が、生徒同士の血闘だと知らずに…。プレイヤー同士が刃を交える、アルティメット・シノビアクション・リプレイ開幕。人気プレイヤー・田中天も、女子大生に容赦のないマジバトルを…。

 TRPG「シノビガミ」のリプレイシリーズ第1弾。
 「シノビガミ」は別に出ているリプレイを1冊読んだきりで、今作を読んだきっかけは「文庫サイズで手軽だったから」だったりするのですが、予想以上に笑い楽しんで読めました。
 実際に何度かプレイしたことがあるのですが、やはり「他者(PC・NPC含む)の秘密を探りあう」のがスリリングで良いですね。「対立型シナリオ」である1話目なんかは実にそうです。「秘密」の内容もピンキリで、個人的には2話目の白子の「秘密」がとてもツボに入りました。こんな「秘密」持ったPCをやってみたいですね!(笑)
 PC間の関係やキャラ立ても良好で、2巻が楽しみになりました。

肷

「デモンパラサイト・リプレイ 極道☆キラリ1」

■今日読んだ本メモ。
「デモンパラサイト・リプレイ 極道☆キラリ1」(藤澤さなえ/グループSNE・富士見ドラゴンブック)
デモンパラサイト・リプレイ  極道☆キラリ(1) (富士見ドラゴン・ブック)
 原付バイクで新しい任務地を目指していたセラフィムの少年エージェント春日輝。ところがスモークガラスの黒いベンツ(バリバリの極道仕様)に絡まれていきなり大ピンチ。そしてそのベンツから降りてきたのは日本刀を持ったきつめの美少女。「あんた、もっと端っこ走りなさいよ。邪魔よ!」「そんなむちゃくちゃな。でもすみません…」極道娘・桜川らいかと色々可哀想な少年・春日輝。それが二人の“悪魔憑き”運命の出会いであった――。気弱な美少年エージェントが超ドSお嬢様のセクハラに耐えつつ悪を斬る!?アクション!美少女!そして女装!新たな地平を切り開くアルティメット・パラサイト・リプレイ開幕。

 シリーズ第1弾。
 高校生PCを作るのに、あえて違う職業パックを選んでいるのがなかなか面白いと思いました。おそらく本来の予定では学園生活をメインに持ってくるはずだったのではないかと思いますが、PCにヤクザがいたために組同士の抗争に……(笑)。このままだとセラフィムの支部を作るという目的を達成できそうもないのですが、いったいどうなることやら。
 輝の女装ばかりがネタにされていますが、毎回人間形態の姿が違う(芸能人に化ける)菊千代の方が気になって仕方がないです。
 しかし、私がルールブックを読んだのは上級ルールまでなので、それ以降に出た共生生物を取っているPCがほとんどであるおかげで、能力が把握できなくてちょっと辛いです。戦闘で何をしてるのかというのが分かりづらく感じました。

肷

「デモンパラサイト・リプレイ ぬぎぬぎアクマとぱくぱくデーモン」

■今日読んだ本メモ。
「デモンパラサイト・リプレイ ぬぎぬぎアクマとぱくぱくデーモン」(藤澤さなえ ほか/グループSNE・富士見ドラゴンブック)
デモンパラサイト・リプレイ  ぬぎぬぎアクマとぱくぱくデーモン (富士見ドラゴンブック 25-9)
 「変身」して服を破って「全裸」になって大暴れ!暴れた後は「焼肉」食べてエネルギー回復!! 欲望直結RPG「デモンパラサイト」に、人一倍の業を抱えた者たちが集まった!筆をサイコロに持ち替えたRPG大好きなイラストレーター5人とGM藤澤さなえが大暴走!ギャグ・下ネタ・コスプレ・悪ノリ満載のオーバーレブ・リプレイ登場!!

 ↑この紹介文はゲームを知らない人に誤解を招くこと前提で書いてるような。とりあえず、全部のキャラが変身時に服を破るわけでなく(破らない方が多いはず)、回復手段は焼肉限定ではないです……。全裸にこだわらなくても面白かったのに、このタイトルと表紙では逆に買いづらくて損してる部分もあるんでは、と思ったりしました。
 イラストレーターさんたちがプレイヤーの2話は皆さんノリノリで楽しかったです。個人的に「やわらかいの」がツボでした。何故皆さん名前で呼んであげないのか……(笑)。PC間の関係があまり完成されてなかったので、もう少し続きを読みたかったです。
 最後の1話、リプレイ・小説・キネティックノベルの各主人公達のクロスオーバーは十三&瑞姫においしいところを全部持っていかれて葵とアキラの影が薄かったです。葵は桜子とセットでないと……。そういえば、カラー口絵3枚目が葵とアキラであることに、本文読むまで気付きませんでした。葵の髪が黒いし(※本当は赤)。

肷

「デモンパラサイト・リプレイ 剣神5 創世者」

■今日読んだ本メモ。
「デモンパラサイト・リプレイ 剣神5 創世者」(力造/グループSNE・富士見ドラゴンブック)
デモンパラサイト・リプレイ  剣神(5)  創世者 (富士見ドラゴンブック 25-8)
 嵐兄ちゃんによる小豆相場の失敗が原因で、超極貧生活に突入した御剣一家。そんな彼らの耳に、「三種の神器」の最後の一つ「八咫鏡」を狙う者がいるという情報が入る。調査を進める御剣一家の前に現れた人物は、彼らにとってこれ以上ない強敵だった!?

 シリーズ完結。
 角川の公式サイトであらすじを見た時から気になっていた「小豆相場で失敗」、マスターからのイベントかと思ったら……(笑)。しかもダイス目のせいで失敗判定ですしね。嵐兄ちゃんの暴走ぶりには笑わせてもらいました。エピローグも本当に愛があっての行動なのか怪しすぎる!
 最終巻ですが新キャラはほとんど出ず、今までのNPCを全員登場させて話を動かし伏線を回収していたのがうまいなぁと思いました。浚われたのが全員女の子NPCだったら美しかったのに、というのがちらっと頭を掠めましたが(笑)。大火力の戦闘連発はひやりとさせられることも多かったですけど、綺麗に決着がついて良かったです。
 エピローグもそれぞれ幸せそうでなりより。やはりPC全員が兄弟、という設定が良かったシリーズだなと思いました。

肷

「デモンパラサイト・リプレイ 剣神4 挑戦者」

■今日読んだ本メモ2。
「デモンパラサイト・リプレイ 剣神4 挑戦者」(力造/グループSNE・富士見ドラゴンブック)
デモンパラサイト・リプレイ 剣神4 挑戦者デモンパラサイト・リプレイ 剣神4 挑戦者
 天下無敵の悪魔憑き一家、御剣姉弟は魔剣の欠片をすべて手にし、超兄弟共生武装「八岐大蛇」の主となった。そして真夏。凪たちはのんびりまったり休みを楽しもうとしていたのだがとんでもない事件が起こった。かつて倒した前口真耶が、収容先の施設をデビルズ・ネスト幹部と共に脱走し、明石海峡にかかる橋を破壊したのだ!莫大な報酬で依頼を受けた嵐は、一家を挙げて淡路島へ飛ぶ。神出づる島、淡路島を舞台に御剣一家VS悪魔憑き拳士たちの戦いが幕を開ける!
 私の中のイメージでは淡路島=たまねぎ畑と牛乳、なので、「楽園」と言われてもぴんとこないものが……。明石海峡大橋を破壊したので島が孤立しちゃったよ!的な話の流れなんですが、えーと、大鳴門橋(四国側)は無視ですか……?などなど、とても突っ込みどころの多い巻でした。
 とはいえ、短いターンで決着が付く電光石火の戦闘は派手で熱く、ギリギリでの勝負に燃えました。ただ、新しいサプリメントの内容を積極的に使ってるのはいいんですが、少し説明不足かなぁと思う部分も。
 恋愛方面が進展したのは喜ばしいことですが、嵐兄ちゃんだけ相手がいなくてちょっと可哀想でした(笑)。5巻も出るようで、また楽しい一家に会えるのを楽しみにしています。

肷

「デモンパラサイト・リプレイ 剣神3 超越者」

■今日読んだ本メモ。
「デモンパラサイト・リプレイ 剣神3 超越者」(力造/グループSNE・富士見ドラゴンブック)
デモンパラサイト・リプレイ 剣神3 超越者デモンパラサイト・リプレイ 剣神3 超越者
 シリーズ第3弾。
 8つの「欠片」のうち4つを手に入れた御剣兄弟。残りは4つ!というところで一気に全部集まっちゃったのはまるで打ち切り漫画のようだ……と思ったりもしましたが、畳み掛けるような展開で、綺麗にまとまりましたねー。今まで登場したNPCを上手く運用できてるなぁと思いました。でもポッキーにはちょっとがっかり(笑)。アフロで恋愛フラグをへし折るポッキー……。
 最終戦ということで容赦の無いGM。ダメージ飛び交う戦闘は読んでて楽しいですが、それ以上に笑えて仕方が無かったです。ドラグーンの最終能力(巨大化)が変なイメージ固定してしまいました……(笑)。

肷

「デモンパラサイト・リプレイ 剣神2 簒奪者」

■今日読んだ本メモ2。
「デモンパラサイト・リプレイ 剣神2 簒奪者」(力造/グループSNE・富士見ドラゴンブック)
デモンパラサイト・リプレイ 剣神2 簒奪者デモンパラサイト・リプレイ 剣神2 簒奪者
 シリーズ第2弾。
 何はさておきバナナのインパクト。読了後もしやと思って表紙を良く見たら、ちゃんとバナナが描かれているのに笑いました(帯で隠れる右下の方)。絵師さん芸が細かいですね(笑)。あとポッキーのインパクトもでかくて、読んだあと買いに行ってしまったり。
 恋愛フラグが乱立してるのに、べきべきへし折られるPCもいれば、妙なところから成立しそうなPCもいて悲喜こもごも。最後はしんみりでしたね(一部除く)。
 今回面白かったのは、敵が<ヴィシャス>でなく<マイト>だったことでしょうか。振りなおしが出来ること、衝動表を振らないといけないこと、暴走すること、などPCと条件が同じなのが良いですね。GMの出目のせいか、あんまり愉快な衝動が出なかったのは残念でしたが(笑)。

肷

「デモンパラサイト・リプレイ 剣神1 継承者」

■今日読んだ本メモ。
「デモンパラサイト・リプレイ 剣神1 継承者」(力造/グループSNE・富士見ドラゴンブック)
オンライン書店ビーケーワン:剣神(ブレードデモンズ) 1
TRPG「デモンパラサイト」のリプレイ、新シリーズその1。
前の3冊(「悪魔憑きの~」)に比べるとノリがちょっと違うというか、どっちかというとF.E.A.R.っぽい感じ。中の人が同じせいか、嵐兄ちゃんが某ダブルクロスの暗殺者兄とダブって見えました(笑)。
プレイヤーの勘違いがきっかけとはいえ、PC4人を兄弟にしたのは大正解だったと思います。きちんと役割分担が出来ていて良かったです。「影が薄い」オロシは兄弟で唯一表紙にいないのもネタのうちなんでしょうか(笑)。
ただ、兄弟以外のNPCにもうちょっと個性があればよかったかなぁと。特にあんな美味しい設定てんこ盛りの幼馴染! さらりと流しすぎなのでは……目覚まし扱いが泣けます。

肷