「キノの旅XVI -the Beautiful World-」

■感想メモ。
「キノの旅XVI -the Beautiful World-」(時雨沢恵一・電撃文庫)
キノの旅 XVI the Beautiful World (電撃文庫)
 「旅人さんですね? あの国に行こうとしているんですね? でも、不可能です。──絶対に入国なんてできませんよ!」
 城壁の前でキノとエルメスが聞いたのは、そんな叫びだった。
 キノとエルメスは、トラックの間を通り抜けて、一つのテントに案内された。そこは作戦司令室になっていた。大きな机が置かれ、国の地図が置かれ、男達がいた。制服から、軍隊の指揮官や、警察の隊長に見える。鍛え上げられた逞しい男達だが、その顔は一様に晴れない。「えっと、葬式現場?」エルメスが、開口一番そんなことを言って、「それよりもっと悪い」一人の男が、静かに言い返した。(「死人達の国」より)など全10話収録。『キノの旅』1年ぶりの新刊。『フォトの日々も』収録。

 シリーズ第16弾。
 フォトの物語もレギュラー化したのでしょうか。色んなキャラたちのお話が読めるのは楽しいですが、キノとエルメスの出番が減ればそれはそれで淋しいものがあったりもします。
 今回のお気に入りは「恋文の国」。少しのボタンの掛け違え。もし彼や彼女が告白する勇気さえあれば、また違った未来=現在になっていたのかも。そう思わずにはいられません。他ではフォトの日々「残されたもの」が切なくぐっとくる、でもあたたかなものが残るお話で良かったです。

拍手する

Comments are closed.