どこまでも旅を

■ロストレの参加シナリオがどどっとノベル公開になったので感想です。

「【トゥレーン】花の音楽」(北野東眞WR)
 ニワトコの参加したソロシナリオ。
 チェロ弾きの主人が奏でる三分間の曲の間に語った話の内容により、花を咲かせることができます。
 ニワトコが語った”詩語り”は、同WRさんに以前書いていただいたプラノベ「不思議なニワトコと詩語り」に出てきた人物です。「誰かにお話を聞かせる」というので一番最初に思い浮かんだのが彼でした。プラノベでは詩語り視点でニワトコの心情は一切出てきませんので、今回はその逆バージョン、となります。
 自分なりに一生懸命話すニワトコにほのぼのした気分になりました。

「告解室にて」(瀬島WR)
 ニワトコが参加したソロシナリオ。
 告解室にて、秘密を打ち明けるという内容です。
 これまで参加したソロシナリオやシナリオ、プラノベでの内容を鑑みて、「人間にあこがれている部分」「普通の樹木にあこがれている部分」の狭間で揺れている心情を語ってみました。プレイングでは特に指定してなかったんですけど、過去プラノベを参照してくださっている部分(ニワトコが食べ物の名前を挙げている部分で出てきたのがアイスクリームとチョコパフェだった)があって、嬉しくもあり気恥ずかしさもあり(笑)。
 ”中の人”の優しい言葉には目からうろこで、本人もだいぶ前向きになれたんではないかなと。

「【最果ての流転 アルカトゥーナ】よろこびを謳う海」(黒洲カラWR)
 ニワトコが参加した企画シナリオ。
 キャラバンとともに、旅をしました。
 もうちょっと他PCさんと絡めたら良かったなぁと思ったりしましたが、プレイングの細かい部分まで拾っていただけて感謝。
 キャラバンのひとに「旅に終わりや果てはあるのか」という質問をぶつけて答えてもらって、色々と考えさせられる部分も多かったです。
 素敵な企画をしてくださったPCさんにも感謝です!

「安眠には程遠く」(青田WR)
 メルヒオールのプラノベ。
 メルヒオールのプラノベは覚醒前の話が多いのですが、今回は覚醒直後、ということでお願いしました。
 オファー文を書いたのがクリスマスだったので、内容もクリスマスっぽく……なんですが、「近所のたかしおにいちゃん」にすべてを持っていかれた感がひしひしと。いったい何者なんだ、たかし……!(笑)
 青田WRのコメントも噂にたがわず長文で楽しませていただきました(笑)。

「【決戦!ジェロームポリス】軍艦都市炎上」(リッキー2号WR)
 メルヒオールの参加したパーティシナリオ。
 イベントシナリオ群の中の一つとなっています。実は通常シナリオに抽選で落ちまして……。その時こちらの参加人数が20人程度だったので、人数足りないんではないかと思って入ってみたものの、最終的には70人はいてまったくの杞憂だったという、そんなパティシナです。
 公開されたノベルを読んで、あまりにもロストナンバー無双で吹きました。皆さん超本気ですね!そんな中、メルヒオールは陽動の補助的行動をしてました。若さとは…みたいな描写されてましたけど、先生まだ20代ですよ!(笑)

「魔女と踊れ!」(北野東眞WR)
 メルヒオールのプラノベ。
 何と初めて!ゲストPCさんをお招きしてのプラノベです。快く承諾してくださったPLさんに大感謝。
 オファー文のみならず、舞台がインヤンガイだったためか、それぞれが参加したソロシナリオ「陰陽街食通記」の内容がばっちり活かされていて驚きでした。
 この話の続きも、また計画中です。いつ実現するかは未定ですが……。

「常盤小町をもう一度」(天音みゆWR)
 メルヒオールの参加した通常シナリオ。
 老人のかつての恋のお相手の思い出を探すお話です。
 ニワトコで参加しようか迷ったんですが、結果的にはメルヒオールで良かったなと。他のPCさん方もNPCも女性ばかりでしたので、思い切り弄られてげんなりしてるメルヒオールに笑いました(笑)。
 しかし他PCさんは細かい部分まで気を配ってて凄いなぁと。自分のプレの中では、『今日、逢いに行きます』のフレーズを気に入ってもらえたのは幸いでした。

拍手する

2 Comments.

  1. シュマイトPLです。『常磐小町』おつかれさまでした。
    初共演できましてうれしかったです。
    メルヒオールさんの「忘れられる者」の視点が斬新でした。
    エピソードは「常磐」小町にきれいにかかっていましたし。
    「会いに行きます」のエンディングも温かくてすてきでした。
    『ふたつの花~』ももう最終回ですね。
    奈弥とは同じ主君に仕える者同士で仲良くしていただければ幸いです。

  2. はなぶさ

    >6月さん
    返信遅くなり申し訳ないです。

    こちらこそ、シュマイトさんとご一緒できて嬉しかったです!
    冒頭の掛け合いを読みながらにやにやしていました(笑)。
    リボンは常子さんの象徴的なもの→リボンは結ぶもの、という思いつきであのプレイングになりました。
    『ふたつの花~』はこちらが引き籠り過ぎてあまり関わる機会がありませんでしたが、平和になれば顔を合わせることも増えそうですよね。是非とも仲良くしてください!